スルガ銀行 日本郵政

スルガ銀行の優良商品の中に、投資信託というも名がある。投資信託とは投資信託委託会社が商品(=ファンド)をつくり、独自に運用しています。「投資信託」(「ファンド」)は、運用の専門会社である投資信託委託会社が、あらかじめ複数の株や債券など多くの金融商品からファンドの投資方針にしたがって、最適と思われる投資対象を決め、多くのお客さまから集めた資金をまとめて投資(運用)し、その成果をお客さまにお返しする商品です。

お客さまがファンドを購入する際の窓口となっているのが、銀行の役目なのです。リスクとしては、元本の保証がありません。当初の元本額(ファンドを購入したお金)は、投資している株式や債券等の値動きや為替の変動などによって、日々増える可能性も目減りする可能性もあります。運用状況に応じた、「収益分配金」が受け取れます。収益分配金は定期預金のようにあらかじめ決まったものではなく、運用状況によって金額が増減します。また、収益分配金がない場合もあります。※ ファンドの中には、募集時に収益分配金の予想利率(1万口あたりの目標分配額)を提示しているものもあります(これを「予想分配率」といいます)。しかしこれは、目安であり確定されているわけではありません。

今年の十月より民営化をスタートさせた日本郵政スルガ銀行が、新しいパートナーとして選んだ様子。日本郵政、いよいよ民営化され、独自路線の開発を掲げていく未来は華々しいものなのか?国の経営と民の経営手腕とが問われ、大変期待されるものになっている。過去にも公務から、民間移行した例はいくともあって。旧国鉄のように赤字がひどくなり民間に丸投げしたときも、社員教育には問題を作りながらも各JRは見事に盛り上げを見せた。
ましてや今度の郵政民営化は、世界に類を見ない、黒字経営会社の誕生だ。人間はピンチの時は力を発揮していくが、はたして安泰のときはどうだろう。
スルガ銀行がパートナーとして選んだ、日本郵政楽しみにしている国民も多くいることだろう。
住宅
住宅ローンについては、民営化直前の9月にスルガ銀行(静岡)と業務提携することで基本合意しており、政府の認可を前提に、早ければ来春にも、スルガ銀の住宅ローン商品 ... ニチアス建材偽装、住宅各社が取引見直し・他社製に変更も日本経済新聞 - 40分 ...(続きを読む)


郵政民営化1カ月 拡大路線鮮明に 「民業圧迫」批判強く(フジサンケイ ...
住宅ローンについては、民営化直前の9月にスルガ銀行(静岡)と業務提携することで基本合意しており、政府の認可を前提に、早ければ来春にも、スルガ銀の住宅ローン商品を代理販売したい意向だ。 ≪強まる反発≫ 郵政グループがスタート当初から積極路線 ...(続きを読む)



“拡大路線”鮮明に、郵政民営化1カ月…「民業圧迫」の批判強く
フジサンケイ ビジネスアイ
住宅ローンについては、民営化直前の9月にスルガ銀行(静岡)と業務提携することで基本合意しており、政府の認可を前提に、早ければ来春にも、スルガ銀の住宅ローン商品を代理販売したい意向だ。 郵政グループがスタート当初から積極路線を邁進(まいしん)する姿勢を ...(続きを読む)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。