スルガ銀行 日本郵政

●投資信託の収益性質●
スルガ銀行が進めている投資信託。収益の性質を探ってみると、収益性(リターン)の高さは、ファンドによって異なります。1. リターンの高さと、(リスク)とは比例しているといってよいのではないでしょうか。収益は低いものから高いものまでさまざま種類があります。
元本保証はされていないので、どのようなファンドであっても元本が目減りする(リスク)が常にあります。リターンの高さはリスクの高さに比例しますので、高いリターンを望む程高いリスクを負わなければなりません。

リスクとリターンの度合いを決めるファンドの投資対象は、<債券><株式><「金融派生商品」といわれる高度な金融商品>の大きく3つに分かれます。一般的に、<債券>を中心に投資するファンドは低リスク低・リターンですが、<株式>から<金融派生商品>を中心に投資するファンドほど高リスク・高リターンになります。また、国債などの公共債を中心に投資するものは安定していることが多くリスクが低く、その分リターンも低くなるものが多いようです。

スルガ銀行が、新しいパートナーとして選んだ日本郵政、いよいよ民営化され、独自路線の開発を掲げていく未来は華々しいものなのか?国の経営と民の経営手腕とが問われ、大変期待されるものになっている。過去にも公務から、民間移行した例はいくともあって。旧国鉄のように赤字がひどくなり民間に丸投げしたときも、社員教育には問題を作りながらも各JRは見事に盛り上げを見せた。ましてや今度の郵政民営化は、世界に類を見ない、黒字経営会社の誕生だ。人間はピンチの時は力を発揮していくが、はたして安泰のときはどうだろう。スルガ銀行がパートナーとして選んだ、日本郵政の活躍を期待してやまない。

[バイク 買取]バイク屋 中古農機 いすず自動車 ミニバイク ...
カリスマ大西 聖亮 司法書士 電子マネー 恭則 大西恭 保険活用 クレジットカード新宿 井上勝志 日本生命相互 意欲満々 現金過不足 生命保険 試験導入 導入電子 推進研修 郵政グループ 勝志課長 郵便局長 建伍 スイカ決済 日本郵政 略前倒しで対応する消費 ...(続きを読む)


『りそな』箱根小涌園【箱根】
郵政民営化で日本のお金をアメリカのものに使用とした売国奴。 そういえばもう一人売国奴がいたなぁ。 アルミランクル100マフラーイケアコルグループと投資信託中国の7?9月期のGDPが前年同期比11.5%増となり取引された新生銀行とりそな銀行が19日比較 ...(続きを読む)



日本郵政・西川社長「サービス提供、おおむね順調」
日本経済新聞
日本郵政は民営化を機に提携戦略を加速している。西川社長はゆうちょ銀行がスルガ銀行と提携し、個人事業主など安定的な収入が見込めない人にも貸し出す住宅ローンについて「徹底したリスク管理による金利設定が重要」と指摘。(21:05)(続きを読む)



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。